1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする uTorrent 3.5.4 Build 44498

uTorrent 3.5.4 Build 44498

uTorrent  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Handling And Managing A Download In UTorrent

µTorrentは中国の外でもっとも人気のあるBitTorrentクライアントである。小さいが、特徴が満載のパッケージである。µTorrent 3.4 RC1の更新があり、新しい微調整と特徴が加えられ、現在さらに使いやすくなっている。µTorrentは多くの特徴がつまったパッケージで、優れたパフォーマンスを持ち、安定性があり、古くなったハードウェアやWindowsとは異なるバージョンにもサポートがある。

他のBitTorrentのクライアントに含まれている特徴はµTorrentにもあり、スケジュール、帯域幅優先順位づけ、RSS自動ダウンロード、BitComet-Mainline DHTとの互換性が含まれている。µTorrentはピア交換やProtocol Encryption Joint(Vuze / Azureus 2.4.0.0以上、BitComet 0.63以上との互換性がある)仕様もサポートしている。

多くの他の激流のようなクライアントとは異なり、µTorrentは価値のあるシステムリソースについて浸食することはない。事実、プログラムは通常約6MBのメモリーで運営される。µTorrentはひとつの実行可能ファイルの中に含まれていて、それは1MBもない。

特徴

  • ステータスバーにBioTorrent研究所アイコン
  • バンドルとBioTorrent研究所用のヘルプメニューアイテム
  • ログイン設定を変更してOpenXを削除
  • キーボードショートカットで広告を更新
  • “i”がマウスオーバーされるとオーバーレイ画像
  • カスタムPDD
  • Terado Tunneling/IPv6サポート
  • Windows全バージョン対応のUpnPサポート
  • ピア交換
  • プロトコル暗号化

アイコン、ツールバー、グラフィック、ステータスアイコン交換用のカスタマイズオプションは膨大で、自分自身で作成することも出来る。µTorrentは位置サポート、言語サポートがある。従って、システム言語は自動的に変更される。

µTorrentソフトウェアは、最小のリソースを使用する目的のみにつくられているが、BitTorrent クライアントに匹敵する機能性を提供している。µTorrentはたいへんユーザーに親身である。プログラム更新は不定期であり、徹底的にテストされたときのみ更新される。この製品は、主要なWindowsのリリースすべてに対応している。

µTorrentは高品質サービスを小さなパッケージの中に提供している。

タイトル: uTorrent 3.5.4 Build 44498
ファイル名: uTorrent.exe
ファイルサイズ: 2.83MB (2,971,704 バイト)
動作環境: Windows(すべてのバージョン)
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2018年07月16日
作者: uTorrent
www.utorrent.com
MD5チェックサム: F744C337A297AC8078F2164B501D4B3A

Speculative fix for resume data not being saved at shutdown.
Avoid a crash when Android client connecting via Remote after canceling a connection request.
Use more generic wording in Device Pairing dialog. Adjust dialog dimensions for better text fit.
Remove special treatment of toolbar RSS Add Feed icon.
Remove some legacy string formatting code.
Remove onboarding from addtorrent button. Now available in the help menu.
Fix potential crash when checking associations.
Add GDPR consent dialog.
Migrate new settings to Privacy preferences page, and add forget me button.
Do not break file path when calculating open-to directory path.
Permit admin-privileged remote devices to request configremote action.